代表ご挨拶

ふみ乃家 芸者 若葉

置屋「ふみ乃家」のホームページをごいただきましてありがとうございます。

令和元年に置屋を持たせていただきました。
八王子芸者の起源は、明治時代から絹織物業者の接待の場として花街が栄えたといわれています。
そのような歴史のある八王子において、これからも若い芸者衆が活躍する花街でありたいと思っております。
「あたたかい街はちおうじ」で一緒に次の時代へ繋げてくださる方を募集いたします。よろしければ各ページをご覧くださいませ。



ふみ乃家は、このような置屋にしていきたいです


置屋「ゆき乃恵」に所属させていただいていた頃は、「女将のめぐみさんの置屋の子なら安心だ」とお声かけいただいて嬉しかったのは、今でも大切な思い出です。 置屋「ふみ乃家」同じように、「若葉の置屋ならいい子に違いない」と思っていただけるような、きちんとしている置屋でありたいと願っています。 これから芸者を目指していく若い子たちには、私生活を充実させながらも芸者さんを続けていける・・・そのような環境をつくっていきたいと思っています。

置屋


ふみ乃家 若葉の略歴

20歳

置屋「ゆき乃恵」に入門

20代半ば

体調をくずし引退

20代後半

結婚出産後復帰

30代後半

置屋ふみ乃屋を持たせていただく


子供の頃から憧れていた芸者さんですが両親の大反対に合い、内緒で入門しました。(現在は理解してくれています)
20代半ばに一度引退してしまいましたが、その後もお稽古事は好きで続けていたこと、そしてやはり芸者さんが大好きだったので、わがままを言ってまた復帰させていただきました。
このように私自身、「親の反対、体調のこと、結婚と出産」、そして様々な芸者仕事での出来事、様々な経験を経て、今に至ることができました。
その経験は、新人の芸者さんをはじめ、芸者を目指す若い方への指導や、お悩みの相談に活かせているのではないかと思います。

芸者 若葉